シルクロード鉄道旅行-第7弾(タシケント→ブハラ・ウルゲンチ)

はじめに

 前回の旅ではカザフの草原を越えて砂漠地帯に入り、「青の都」サマルカンドに到達した。今回の旅では、タシケントを出発し、サマルカンドを経由してさらに西にあるブハラ・ヒヴァ(ウルゲンチ近郊)という2つの古都を訪れる。
 列車は、うっすらと緑に覆われた多雨期の砂漠を突き抜け、砂漠の彼方にあるオアシス都市に向かう。そこで見たものは、19世紀まで存続していた王国の名残と、現代の人々の生活とが重なり合った独特の世界であった。

旅の時期
2008年4月~5月

目次

    1日目・2日目
  1. いざ出発

  2. タシケント→サマルカンド(N10列車)

  3. サマルカンド→ブハラ

  4. ブハラ(1)


  5. 3日目
  6. ブハラ(2)


  7. 4日目
  8. ブハラ→タシケント


  9. 5日目
  10. タシケント散歩(1)

  11. タシケント→サマルカンド(N56列車)


  12. 6日目
  13. サマルカンド→ウルゲンチ

  14. ヒヴァ(1)


  15. 7日目
  16. ヒヴァ(2)


  17. 8日目
  18. タシケント散歩(2)



遊子日記の目次へ