甲信縦断鉄道旅行(11)

長野行き普通列車(小諸駅)
小諸→上田(しなの鉄道)

 小諸駅のしなの鉄道ホームには、長野行きの普通列車が停車していた。115系の車両で、信州色(または長野色)と呼ばれる色をしているので、おそらくJRから乗り入れている車両なのであろう。しなの鉄道は、旧信越本線の軽井沢-篠ノ井間を引き継いだ鉄道だが、2007年7月時点では、小諸より西に向かうほとんどの列車が長野まで直通している。
 15時4分、長野行きの普通列車が出発する。列車は千曲川沿いに進むが、川の姿はほとんど見えず、川の対岸の山々の断崖が見えるだけだ。信濃国分寺を過ぎると、長野新幹線の高架が目の前に現れ、やがて合流する。そして15時25分、上田に到着する。ここは長野新幹線の停車駅でもある。

 駅から歩いて15分くらいの高台の上に、上田城公園がある。上田城は、戦国時代に真田氏によって築かれた城で、徳川氏の大軍を二度も防いだことでその名を知られている。復元された櫓門に登り、その両側の櫓と併せて内部を見学する。
 本丸の跡にある真田神社では、「六文銭」の描かれたお守りを買った。普通のお守りよりも何となくご利益がありそうな気がするのが不思議だ。
 緑に覆われたを回って上田市立博物館に行き、上田と真田氏に関する資料を見る。

 上田駅前に戻る頃には、雨だけでなく風も強まってきた。台風が接近しているためだ。だが、そんな中で「上田祇園祭」が決行されようとしていたのだ。その嚆矢となる子供神輿が駅前に現れる。悪天候の中を子供達が懸命に神輿を引っ張っている。
 もっと見ていきたかったのだが、私は先を急がねばならない。

続く
目次へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

伝蔵
2008年05月05日 11:10
あれ? 更新が開いていたので、
きっとこの時期、
あっちの続きのルートを進んでおられるものと思ってました。
実は私、来週再びタシケントに飛びます。
前回はサマルカンドまでしか廻れなかったので
今度はブハラからヒヴァまで入る予定です。
ヨーロッパに行ったことがない私にとって、
最西到達地点を目指すのだ。
2008年05月05日 17:14
ご推察の通り、先週はシルクロードに行って参りました。
ブハラ・ヒヴァに鉄道で行きました。まさに奇遇ですね。
今の時期のウズベキスタンは夏に比べると過ごしやすいし、緑も多いので、おすすめです。
どうかお気をつけて行ってらっしゃいませ。
伝蔵
2008年05月06日 20:05
やはりそうでしたか(笑)。
それはお疲れ様でした。
ん? ヒヴァへ、と言うことはウルゲンチまで進まれたのですね。
私はまたブハラから南にトルクメニスタンの方へ
抜けられるのではないかと勝手に思っておりました。
そうかー。ますます今後の進路の取り方が楽しみです。

この記事へのトラックバック