甲信縦断鉄道旅行

はじめに

今までに乗ったことのない鉄道ルートを探して日本地図を眺めていると、静岡から北上して山梨・長野を通り、新潟に至るルートを思いついた。大部分が山岳地帯であり、移り変わる山や川の景色を楽しめそうである。
旅立ったのは7月。いくつもの渓谷を抜ける鉄道の旅は予想以上に楽しいものであった。また、はからずも各地で夏祭りに遭遇することができた。
だが、この時期は梅雨の末期でもあり、運悪く台風までやって来た。そして、思わぬ自然のアクシデントにも見舞われてしまう・・・。

旅の時期
2007年7月

目次

    1日目
  1. 富士→富士宮(身延線)

  2. やきそば

  3. 富士宮→身延(身延線)

  4. 久遠寺

  5. 身延→下部温泉(身延線)


  6. 2日目
  7. 下部温泉→甲府(身延線)

  8. 甲府→小淵沢→野辺山(中央本線・小海線)

  9. 鉄道の聖地

  10. 野辺山→小諸(小海線)

  11. 遊子悲しむ

  12. 小諸→上田(しなの鉄道)

  13. 上田→戸倉(しなの鉄道) 上山田温泉


  14. 3日目
  15. 戸倉→屋代→松代(しなの鉄道・長野電鉄 屋代線)

  16. 松代

  17. 松代→須坂→善光寺下(長野電鉄 屋代線・長野線)

  18. 善光寺 善光寺下→長野(長野電鉄 長野線)

  19. 長野→戸狩野沢温泉(飯山線) 野沢温泉


  20. 4日目
  21. そして旅はあっけなく・・・



遊子日記の目次へ