ときわ路鉄道旅行(5)

画像
袋田の滝

 袋田駅の前からバスに乗る。14時30分、出発。平日に滝を見に行く人はやはり少ないらしく、乗客は私一人だけだ・・・。10分ほどで袋田の滝バス停に到着。
 バス停から、滝川の渓谷を上流へと歩いて行く。道沿いには温泉旅館が幾つも建ち並ぶ。道の行き止まりにある階段を登ると、そこには滝へと通じるトンネルの入口がある。トンネルの通行は有料だ。
 トンネルを一番奥まで進んで観瀑所にたどり着く。滝の真正面に作られたこのコンクリートの巨大な部屋からは、真っ白な水が大きく広がって勢い良く流れ落ちる姿を目の当たりにすることができる。岩の上を、水が糸のように無数の筋に分かれて流れてゆく様が美しい。滝は4段になっているらしいのだが、ここからは最上段を見ることはできない。
 トンネルに戻り、今度は滝川に架かる吊橋へと向かう。トンネルからは、滝の全体を見渡すことのできる展望台にも行くことができるはずなのだが、この時は工事中で行くことはできなかった。吊橋から滝の方を見ると、正面に巨大な絶壁が聳え、右に滝、左に観瀑所が見える。観瀑所も、絶壁の中からせり出すように造られている。トンネルや観瀑所が無かった頃は、滝を見るのも一苦労だったに違いない。
 滝の最上段が見たくて、吊橋を渡ったところから急な山道を登って行く。バッグを預ける所が無く、そのまま担いで登るので、体には相当こたえる・・・。息を切らして登ること数分、ようやく滝の上流が見えるようになる。そこには、小さな段差があるとは言え、すぐ下流で急落下するとは思えないような、ゆるやかな水の流れがある。

 帰りはゆっくりと山道を下り、バス停まで戻る。16時、この日最終のバスに乗る。乗客はやはり私一人。そして、これまた閑散としている袋田駅に到着。

続く
目次へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック