立山・黒部 水流紀行(10)

画像
宇奈月温泉

 宇奈月駅を出て温泉街へと向かう。とあるホテルの展望風呂で入浴。眼下を流れる黒部川を眺めながら、朝から風雨に曝されて冷え切った体を温める。

 温泉街の散策を開始。まずは北西に抜け、宇奈月公園を通って想影橋へ。そこから引き返し、再び宇奈月駅の前を通って宇奈月ダムへと向かう。だが、ダムへの道がどこにあるのかわかりにくい。しばらく迷った末、宇奈月駅前のバス駐車場の奥に道を発見する。
 しばらく歩くと、黒部川に歩道橋が架かっている。この橋は、トロッコ列車の通る新山彦橋と並んでいる。路面の一部が格子になっていて、そこから真下の黒部川の濁流を覗き込むと背筋が寒くなる。橋を渡った所にトンネルがあり、そこを抜けると宇奈月ダムだ。
 だが雨のために、道はダムの入口の手前で通行止めになっていた・・・。確かにダムから流れ出す濁流の勢いは凄まじい。荒ぶる水の轟きばかりが山々にこだまする。

 再びトンネルを抜けて歩道橋を渡る。持っていたトロッコ列車の時刻表を見ると、もうすぐ列車が宇奈月駅に到着する時間だ。待つこと数分、果たして汽笛が鳴り響く。そしてトロッコ列車がトンネルから姿を現す。列車は轟音をたててゆっくりと新山彦橋を渡る。黒部の自然を背景にしたその姿は、本当に美しい。

 宇奈月駅前に戻り、黒部川電気記念館を見学。建物の前には、かつてトロッコ列車を牽引していたEB5機関車が展示されていた。

 散策を終えて、夕方ようやく旅館に到着。湯に浸かって、旅の疲れを癒す。

続く
目次へ

宇奈月温泉街


宇奈月ダム


新山彦橋

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック