シルクロード鉄道旅行-第4弾(ウルムチ→アルマティ)

はじめに

 国境。それはある時点での人間が作り出したルールに過ぎない。時代と共に変化するし、時には曖昧だったりする。だが、それを越えることを考えただけで、何故か私の胸はときめいてしまう。その理由は自分でもよくわからないが、越境するということが、一つの国の「果て」ともう一つの国の「果て」を同時に見ることだからかもしれない。
 今回の旅では、ついに広大な中国から抜け出し、中央アジアへ突入する。どこまでも続く大草原、建物から交通システムに至るまでロシア化された都市、そしてこれらを結ぶ鉄道。いずれも日本ではあまり知られておらず、私には初めて見る・経験することばかりであった。
 これは、2006年8月に中国・ウルムチからカザフスタン・アルマティ(※)まで旅した9日間の記録である。

※Aлmatы 現地では「アルマトゥ」と読むのが正しいようだが、日本では「アルマティ」の方が知られているので、以後も「アルマティ」とする。

旅の時期
2006年8月

目次

    1日目
  1. 4たび上海へ


  2. 2日目
  3. 上海→ウルムチ


  4. 3日目
  5. 南山牧場

  6. ウルムチ駅

  7. ウルムチ→阿拉山口


  8. 4日目
  9. 阿拉山口駅

  10. 阿拉山口→ドスティク

  11. ドスティク駅

  12. ドスティク→アクトガイ

  13. アクトガイ→アルマティ


  14. 5日目
  15. アルマティ2駅

  16. アルマティぶらつ記(1)


  17. 6日目
  18. チャリン・キャニオン

  19. アルマティぶらつ記(2)


  20. 7日目
  21. アルマティぶらつ記(3)

  22. 遥かなる日本へ



遊子日記の目次へ