三陸縦断鉄道旅行(八戸→仙台)(17)

画像
ああ、松島や(2)

 五大堂から海岸沿いに東へ歩くと、目の前に大きな島とそこに架かる赤い橋が見える。橋の手前には売店があり、橋を渡るにはそこを通らねばならないようだ。売店に入ると、橋への出口付近にレジがあり、そこで料金を払う。この橋は有料なのだ。
 売店を出て、この有料の橋、福浦橋を渡る。橋の上には人影もまばらだ。橋の上からは、どこを向いても波の静かな松島湾の風景が見渡せる。橋を渡ると、そこは福浦島だ。島の中は、ここが休日の松島だとは思えないくらい静寂に包まれている。もちろん海の景色も抜群だ。慌しく流れていた時間は、この景色の中でしばし静止する。

 島を出て、再び雑踏の中へ。瑞厳寺に行く。ここに来るのは2度目だが、境内にみなぎる張り詰めた空気が私は好きだ。その空気は、真っ直ぐ天に伸びた参道の杉木立や、石窟によって作り出されているのかもしれない。
 本堂はツアー客でごった返していて、ゆっくり見学することはできなかった。だが、一見簡素な建物の内部にある、豪華な内装の数々を垣間見ることはできたのだ。

続く
目次へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック