シルクロード旅行-番外編1(上海→嘉峪関)(4)

画像
寒山寺

 蘇州ツアーの最後は寒山寺だ。寒山と拾得でおなじみのこの寺は、「姑蘇城外寒山寺 夜半鐘声到客船」という張継の詩でも有名である。境内には寒山・拾得の絵や、上記の詩の拓本などが展示されている。5月の連休突入を前に、既に中国国内からのツアー客が大勢押しかけていて、ガイドさんが拓本の前で拡声器を使って説明している。「鐘声到客船」とはほど遠い光景だ・・・。
 聞くところによると、大晦日にはこの寺の除夜の鐘を聞きに、日本をはじめとして各地から観光客が集まり、入場料が45倍に跳ね上がるのだとか・・・。
 お堂の階上に上って辺りを見渡していると、近くで爆竹の音が聞こえる。近所で結婚式が行われているらしい。爆声到境内(?)。

 この日は4月の終わりで、次の日からは中国の5月連休がスタートする。だから、通常よりも早く仕事を終えた工場やオフィスからの人や車の波は、蘇州市街各所で大渋滞を巻き起こした。私の乗ったバスも、市街を出るだけで1時間以上かかり、高速道路でも大渋滞にはまり、上海のホテルに戻るのに3時間以上かかってしまった。

続く
目次へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック