日本横断鉄道旅行(最東端の駅→本土最西端の駅)(33)

画像
鳥取→米子(山陰本線)

 鳥取駅には、既に米子行きの快速「とっとりライナー」が停車していた。電車と見間違えるような気動車だ。夕方のためか、中は既に満員になっている。先程までローカル線を乗り継いできたので、突然の通勤列車のお出ましに、いささか戸惑う。
 19時9分、鳥取を出発。久々につり革につかまる。鳥取大学前過ぎると、夕闇に沈む大きな湖山池が見える。この時間であれば日本海も見えるかもしれないが、この状態では背後の景色など見ることはできない。その間にも列車は鳥取平野を東西に駆け抜けて行く。
 倉吉に到着。多くの乗客が降り、ようやく座ることができる。列車は大山の裾野を通って西へ向かう。昼間なら大山を拝めるのかもしれないが、今は暗闇しか見えない。伯耆大山に到着。ここで伯備線に合流する。そして、ここから山陰本線のもう一つの電化区間が始まる。20時29分、米子に到着。

アルバムへ
続く
目次へ

鳥取~米子


湖山池


伯耆大山


米子

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック