日本横断鉄道旅行(最東端の駅→本土最西端の駅)(31)

画像
豊岡→浜坂(山陰本線)

 豊岡駅で、KTR線ホームから山陰線ホームに大急ぎで移動する。16時43分、浜坂行きの普通列車で出発。右手に見える円山川の川幅が次第に広くなる。城崎(2005年3月に「城崎温泉」に改名)に到着。駅の周辺には情緒たっぷりの温泉街が広がる。一度は泊まってみたいものだ。ちなみに、電化されているのはここまでで、この先は非電化区間だ。だから、今乗っているこの列車は気動車なのだ。
 列車は城崎を過ぎると左手に折れ、日本海に沿って行く。入江がいくつも続く。いずれも岩の多い荒磯だ。鎧に停車。ここは最近ではドラマ『ふたりっ子』の舞台として有名だ。駅の前には小さな入江がある。鎧を出て餘部に着く直前、餘部鉄橋を轟音を立てて渡る。ここは橋脚の高さが41mもあるらしい。もちろん眺めも素晴らしいので写真を撮ってみたが、失敗した。
 餘部から先は山中に入り、海は見えない。17時50分、浜坂に到着。

アルバムへ
続く
目次へ

豊岡~浜坂


豊岡


城崎


鎧~餘部

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック