日本縦断鉄道旅行(最北端の駅→本土最南端の駅)(32)

画像
いわき→上野→横浜(常磐線・京浜東北線)

 いわき駅、ここはかつて平駅と呼ばれていた。福島浜通りの中心となる駅である。そんなことを考えていると、突如ホーム中にシューベルトの『ます』が響き渡り、下り列車が発車する。この駅の出発音らしい。上野行きの普通列車に乗る。16時8分、別のクラシックの名曲(曲名が浮かばない)に見送られて出発する。
 勿来の関を越えると、もう茨城だ。日立・大甕といった工業地帯を抜け、水戸に着く頃にはちょうど夕方のラッシュで車内が混み合う。東京に近づいていることと相まって、日常に引き戻されるようで少し憂鬱になる。
 取手を過ぎ利根川を越えると、東京の香りがする。日本の「果て」から「中心」に戻ってきた実感がわく。ここは便利で快適で楽しい世界だ。けれども私は「果て」に憧れる。それが何故かはうまく言えないけれど。
 20時2分、上野に到着。京浜東北線に乗り換え、横浜へ向かう。21時頃、横浜に到着。そして3日ぶりに家路につく。

アルバムへ
続く
目次へ

いわき~横浜


いわき


取手


上野

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック